FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都大・山中教授ら、ES細胞の研究開始へ

 新型万能細胞(iPS細胞)を開発した山中伸弥・京都大教授のグループが、同様の性質を持つヒト胚(はい)性幹細胞(ES細胞)を用いた研究も始める方針を13日、グループの高橋和利助教が川崎市で開かれたシンポジウムで明らかにした。

 人の受精卵から作るES細胞をめぐってはオバマ米大統領が9日、前政権が制限していた連邦政府の研究助成を解禁する大統領令に署名、米国での研究が一気に進むと予想されている。

 iPS細胞の研究推進にはES細胞との比較が重要。日本でのヒトES細胞の研究は、京都大再生医科学研究所の中辻憲夫教授らが作った株があるが、文部科学省の指針で施設と中央の二重の倫理審査が必要とされている。山中グループは同じ再生研の建物内にあっても別の研究施設の形で、新たな倫理委員会の設置が求められる可能性もある。山中教授らは「日本でも研究を迅速に行える体制が必要」と訴えている。

ソース
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京大情報

Author:京大情報
散らばっている京大情報を一箇所にまとめよう!というプロジェクトです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。