FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百貨店総菜容器リユース実験 京大や高島屋

 京都大学環境保全センター、京都市、高島屋などでつくる京都エコ容器包装・商品推進協議会は18日から、京都と東京で百貨店の総菜容器のリユース実験を始める。総菜販売のロック・フィールドが協力し、磁器製の食器に入った総菜を販売、返却された食器を洗浄し、再使用する。

 実験するのは高島屋京都店、東京店、玉川店内のロック・フィールドの総菜店「RF1」。リユース食器に入ったハンバーグドリア(924円)、じゃがいもグラタン(840円)を発売する。食器の返却時には200―300円相当のキッシュ(パイ生地の総菜)をプレゼントする。食器は工場に戻して洗浄、殺菌し、再び総菜を入れて出荷する。実施期間は18日から3週間。

 提供目標は1店につき1日20個。紙やプラスチック容器でなく、しっかりした磁器を使うことで「温かみも売り物にしたい」(浅利美鈴京大助教)という。環境省の「地域における容器包装廃棄物3R推進モデル事業」として実施する。

ソース
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京大情報

Author:京大情報
散らばっている京大情報を一箇所にまとめよう!というプロジェクトです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。