FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パソコンの父」に京大名誉博士号を贈呈

京都大学(京都市左京区)は20日、パソコンソフトを世界に先駆けて開発し、「パソコンの父」と呼ばれる元カリフォルニア大学ロサンゼルス校上級教授のコンピューター科学者、アラン・ケイさん(68)に名誉博士号を贈った。

関連記事
カーン博士の聴取拒絶
気を吐く「5万円パソコン」さらに低価…

記事本文の続き アランさんは1960年代からパソコンの研究を始め、70年代にプログラミング言語を用いた世界初のパソコンソフトを開発。コンピューターの発展に大きな功績を残した。

 京大では平成15年から3年間、情報学研究科の客員教授を務め、若い研究者の指導にあたった。

 贈呈式はこの日、京大百周年時計台記念館で行われ、松本紘総長がアランさんに、名誉博士記と首から下げる「カラーコード」を贈った。アランさんは「夢のようで、大変光栄」と話した。京大の名誉博士号は、ノーベル医学・生理学賞受賞者の利根川進博士らも受賞しており、12人目。

ソース
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京大情報

Author:京大情報
散らばっている京大情報を一箇所にまとめよう!というプロジェクトです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。